長者番付 開運財布〜幸運を呼び込む方法

世界の長者の寄付事情

2007年フォーブス社調べの長者番付です。

 

1.ウォーレン・バフェット(6兆2000億円)
   アメリカの投資家
2.カルロス・スリム・ヘル(6兆円)
   メキシコの通信会社
3.ビル・ゲイツ(5兆8000億円)
   マイクロソフト会長
4.ラクシュミ・ミッタル(4兆5000億円)
   インドの鉄鋼会社アセロルミタル
5.ムケシュ・アンバニ(4兆3000億円)
   インドの石油会社
6.アニル・アンバニ(4兆2000億円)
   インドの石油会社
7.イングヴァー・カンプラッド(3兆1000億円)
   スウェーデンの家具販売会社(イケア)
8.K・P・シン(3兆円)
   インドの不動産会社

9.オレグ・デリパスカ(2兆8000億円)
   ロシアのアルミニウム会社
10.カール・アルブレヒト(2兆7000億円)
   ドイツのスーパーマーケット

 

 

ここではベスト10まで掲載していますが、日本人だと、森トラストの森章氏の124位が最高でした。資産額は7500億円ですからトップとは10倍近い差があります。

 

 

世界の長者たちは、なんらかの寄付や慈善事業をしていることでも注目を集めています。

 

例えば、1位のウォーレンバフェットは所有する資産の実に85%を慈善事業を行う団体に寄付しています。マイクロソフトのビルゲイツは財団を設立し、途上国のHIVや結核などの根絶や教育支援事業に多額の寄付を行っています。